怪しげな老女の正体を知った空港職員たち、ビジネスクラス搭乗への拒否を後悔する

1510

advertisement

怪しい女

No One Knew Her

89歳になるミセス・アグネスは、空港でさんざん苦労した末に、やっとの思いで初めての飛行機に乗ることができました。しかし、いざ彼女がビジネスクラスの座席に座ろうとしたところ、想定していなかったさまざまな困難に遭うことになってしまいました。なぜ彼女にとって初のフライトが、批判されたり、混乱を巻き起こすことになってしまったのか、機内で一体何が起きたのか、その事のいきさつと、最後に迎える感動をストーリーを見ていきましょう。

あまりのことに

It Was Too Much For Her

ビジネスクラスにいるミセス・アグネスの周囲は、怒声やブーイングの嵐によって騒然としていました。機内では、他の搭乗客だけでなく、客室乗務員の誰もが彼女に注目しています。そんな中、彼女はどうしたらいいのかわからず、途方に暮れるばかりでした。一体、彼女に何が起きたというのでしょうか。彼女の初めてのフライトで何が起きたのか、彼女の旅を邪魔するものとは何だったのでしょうか。

advertisement

advertisement