ホームレスの男性に食べ物を恵んだウェイトレス。彼の正体を知り、まさかの絶句…!?

226

ホームレスの男性

シンディさんは、とあるレストランのウェイトレスとして働き、毎日同じルートを歩いて、通勤していました。そんな中、レストランの近くにホームレスの男性が毎日座っていることに気づきます。どんなに天気が悪い日でも、いつも同じ場所で寂しそうな目をして座っていたのです…。

シンディさん的には、そのホームレスの男性がいつも悲しそうにしていると感じていましたが、当の本人は気にしていない模様…。いつも機嫌がよく、町中を通り過ぎる人々に笑顔を振りまいていたのです。彼は人々に助けやお金を求めることはなく、ただおしゃべりをしたいだけ…。シンディさんはすごい勇者だなと思いながらも、実際には本心を隠しているだけではないか…?と思っていました。

advertisement

2 of 30
- Advertisement -